薬剤師 悩み

薬剤師の悩みと転職

薬剤師が抱える悩みと転職事情について

薬剤師の悩みと転職 Top

薬剤師の人間関係の悩み

薬剤師 イメージ

薬剤師の悩みの中でも最も多いのが、人間関係の悩みです。

どんな仕事でも、人間関係は難しいものですが、薬剤師は比較的狭い場所で、少数の人間と長時間一緒に仕事をするケースが多いため、人間関係が上手くいかないと深刻な悩みになりがちです。

薬剤師の人間関係と言っても、職場によってかなり違いはあります。病院で働く場合もあれば、調剤薬局で働く場合もありますし、そのほかドラッグストア、製薬会社などもあるでしょう。

職場によって関わる人も違い、たとえば調剤薬局であれば薬剤師同士のコミュニケーションが必要ですし、病院では医師と連携して仕事をすることもあります。ドラッグストアの場合は販売スタッフなど薬学の知識を持たない同僚も多くなります。

製薬会社の場合は一般企業のように上司や部下との関係があるうえに営業など別部門との折衝も必要になります。もちろんどの職場でも人間関係の難しさはありますが、特定の人と接することが多いだけに、薬剤師は人間関係がストレスになりやすいのです。

人間関係の悩みで転職を繰り返す人も

人間関係の悩みは辛いものですが、ある程度はどんな職場でも何の職種でもあるものです。特に閉鎖的な空間で仕事をすることの多い薬剤師の場合は人間関係についても退職につながるほど深刻に悩んでしまうことも少なくありません。

資格職であることから転職も難しくはないのですが、それが却って転職を繰り返すことにつながっている場合もあります。上司とうまくいかなくて転職したものの、新しい職場にも気の合わない人がいた、というのはよくあるケースで、給料や待遇などは面接時に確認できても、人間関係までは事前にリサーチするのは難しいものです。

もちろん入社するまではわからないこともあるでしょうが、できるだけの情報収集はしていくべきでしょう。機会があれば患者として薬をもらいに行って観察してみたり、薬剤師転職支援サービスを利用して担当のコンサルタントから内情を聞き出すのもおすすめです。

薬剤師の悩みと転職 トップへ戻る